2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

ツツジ見学に兎和野高原へドライブ

近くでツツジの咲いているところはないかとNETで調べると、兎和野(うわの)高原が5月下旬ごろとなっていて、先週は未だ咲き始めとのことだったのでハンドルを鳥取の三徳山へ向けたのですが、今週はちょうど見頃とのことですので、今日は兎和野高原へ向かいます。

12052601

駐車場から少し歩いて「グリーン広場」に着くと、ちょうどレンゲツツジが満開です。なおここは兵庫県立の「野外教育センター」となっていますので、中学生がキャンプでしょうか、いっぱい来ていました。

12052602_5
赤やオレンジ色のやや薄い色がとてもきれいです。

12052603
中には、上のような黄色の花もあります。
グリーン広場でお弁当を食べた後、回りを散策しながら同じ高原内にある「兎和野の大カツラ」を見学しに行きます。

12052601_2
樹齢500年で、根回りは12メートルあるそうです。大きな一本の木ではなく、数本の幹と無数のひこばえをもった立派なものです。根元からは冷たい清流が勢いよく流れ出しています。

12052602_6
通常は根を傷めるため、柵内に入ってはいけないのですが、兎和野高原野外教育センターの方に特別に許可を頂きましたので、裏側に回って上側を見え上げると圧巻です。

12052603_2
大きな根っこが一本、長々と伸びています。帰りには近くの「但馬高原植物園」のところで、湧き水「カツラの千年水」を20リットル100円の自動販売機がありますので、持ってきたタンクに汲んで帰ります。美味しいんですよ、この水。

2012年5月21日 (月)

金環日食

今日は待ちに待った金環日食の日です。昨日までの天気予報は、あんまりよくありませんでしたが、朝起きて空を見ると青空が広がっています。絶好の観測日よりですので、機材をかついで近くの武庫川河川敷に向かいます。他にカメラマンは一人だけでした。

120521_001

6時前に到着して、朝食のパンをかじりながら機材の準備を行います。本日の機材はD7000にサンヨン(Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED)+2.0倍のテレコンを付けて35mm換算900mmです。減光用フィルターはマルミの1/100,000のもので春前に購入したもの。以下の写真は全てトリミングなしです。

120521_621

我が伊丹市では、6時17分18秒よりかけ始めとの情報です。いよいよ天体ショウの始まりです。(写真は6:19 ISO100 F11 1/30)
本では ISO100 F11 1/125 で撮影と書いてありましたが、かなり遅めのシャッタースピードとなりました。

120521_645

南側にあるちょっと大きめの雲の動きが気になりますが・・・、ちょっと雲がかかってきました。(写真は6:45 ISO400 F8 1/30)

120521_715
途中数分間、雲に隠れて全く見えなくなりましたが、どうにかまた顔を出してくれました。しかし回りの薄い雲が気になります。(写真は7:15 ISO100 F8 1/10)

120521_72954
やきもきさせますが、金環の始まる頃には雲もどこかに消えてくれました。そして当地区での食最大は7時29分で、食分は0.941とぎりぎりの金環となります。10分ほど前ぐらいから辺りも少しひんやりし、気持ち光量が落ちたような気がします。
ちなみに気象台の発表では、大阪で0.4度気温が下がったそうです。(写真は7:29 ISO100 F8 1/40)

120521_73212
我が伊丹市では金環時間は、1分40秒ほどとのとこで、あっというまに終わっちゃいましたが、感激の瞬間でした。(写真は7:32 ISO100 F8 1/50)

ところで今日は平日だけど、こんなにゆっくりと見ていていいの?  ・・・・ そう、今日はこのために休んじゃいました・・・(^_^;)

2012年5月20日 (日)

久々のカワセミ

午前中、久しぶりに近くの公園に「カワセミ」を求めて出陣してきました。到着してみると、カメラマンの姿は一人だけで、ちょっといやな予感がしますが、とりあえずカメラをセットします。
セット中に鳴き声が聴こえたと思った瞬間、近くにダイブして飛んでいきました・・・(涙)

その後、カメラマンの方といろいろ話をしている時に、今日は何回となく飛んできてくれました。

12052001
今日の機材は、D7000にサンヨン(Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED)+1.7倍のテレコンを付けて35mm換算765mmです。

12052002
ダイビングは何回となくしてくれましたが、全くもって撮れませんでした・・・(涙)
今日は天気がもう一つで、シャッタースピードが上げられなかったためと言うことにしておきましょう・・・!

12052003
途中、ホバリングもしてくれましたが・・・、これも撮れず。   まだまだ腕が悪い・・・(涙)

ちなみに写真は全て同じ倍率でトリミングしています。

2012年5月19日 (土)

少し足を伸ばして「日本一危ない国宝鑑賞」へ

今日は抜群のドライブ日和と言うことで、少し足を伸ばして鳥取県の「三徳山三佛寺(みとくさんさんぶつじ)」に向かいます。片道約200kmのドライブです。
「三徳山」と言えば「投入堂」が有名で、下の道路から見ることも出来ますが、近くで拝観するためには険しい山を登ることとなります。キャッチフレーズの「日本一危ない国宝鑑賞」と言うことで志納金(入山料)計600円を払って出発です。
入山のためにはいろいろと制限があります。まず一人での入山は認められませんし、サンダルやスパイクなど履き物によってはわらじを購入して履き替えます。今日もわらじ履きの人が大勢いらっしゃいました。私らはトレッキングシューズを準備してきました。
ちなみに今日は軽い「NEX-5N」を首から提げて行きます。「D7000」はリュックの中です。

12051901赤い山門をくぐるとすぐ「宿入橋」を渡り、いよいよ入山開始です。これから先はハイキングコースではなく、修行の場だそうで険しい道が待っているそうです。
12051902入山して5分もしないうちに「カズラ坂」です。巨大な倒木の右側にある木の根っこの部分を上っていきます。

12051903上記のようにひじょうに険しい角度の道なき道を這いつくばりながら登ります。

12051904険しい岩場をさらに登っていきます。上に見える建造物は「文殊堂」です。ここまで入山して約30分です。

12051905息を切らしながら登っていくと、難関の一つである「文殊堂」横の「くさり坂」が現れます。「どう見ても坂じゃねぇ~だろう・・・!」

12051906「文殊堂」で一休みします。ここは横を一回りできますが、手すりもないのでかなり怖いです。しかし風は心地よく景色は絶景です。

12051907途中の「鐘楼堂」で鐘をつき、安全を祈願します。しかし、この鐘、どのようにして運んだのだろう???

12051908「馬の背」まで来ました。もうひとがんばりです。ここから先は道は狭いですが、平坦となり楽です。登り始めてここまで約50分ほどかかっています。

12051909「馬の背」・「牛の背」と通る過ぎると、「観音堂」が見えてきます。岩ノ下に建造されていて、この裏の方を通ります。

12051910「観音堂」を過ぎると、ついに「投入堂」が見えてきました。来た甲斐があったというものです。入山してちょうど1時間かかっています。上の写真だけD7000で撮ったものをUPしています。

12051911これ以上は近づくことは出来ません。しかしどのようにして作ったのでしょう。どうやって登るのでしょう。

12051912NEX-5Nのパノラマ機能を使って撮影してみます。ちょっと水平がゆがんでしまいました。
登り疲れて、露出とか考える余裕がありませんでした・・・(涙)

きつかったですが、良い修行でした。

2012年5月12日 (土)

初夏の香りを求めて

5月も中旬というのに、一昨日辺りよりちょっと肌寒く、今日は最高気温が10度だいで4月上旬の気候らしいです。
しまいかけていた上着を取り出し、初夏の香りを求めてちょっとお出かけです。行き先は兵庫県の和田山にある「大町藤公園」に向けてハンドルを切ります。

1205121
ここは山陰随一の藤公園として藤棚の総延長が500mもあり、花房が1m45cmにもなる藤の花が咲き乱れるとのことで、昨年5月にオープンした公園です。

1205122
一般的な紫色の藤以外に、白色やピンクのものがあります。ちょうど今が見頃のようで、駐車場は満杯でした。

1205123
藤の香りが心地よく、公園内で販売している草餅がたいへんおいしかったです。

1205124

公園の中心部には噴水があります。
藤公園で初夏の香りを楽しんだ後は、近くにある「竹田城跡」へと足を伸ばします。ここは「日本のマチュピチュ」とか「天空の城」とも言われるところで、標高350メートル程の山頂にあり「日本100名城」にも選ばれています。

1205121_2
山の山頂にあるとは思えないほどの石垣です。これだけの石を、どのようにして運んだのでしょう。

1205122_2
縄張りの規模は南北400メートル、東西100メートルとのことで、かなり広いです。

1205123_4
心地良い汗をかいたので、近くの温泉に寄って帰りましょう。

2012年5月 9日 (水)

本日届いたもの・・・!

本日帰宅してみると、部屋に荷物らしきものが・・・。
最近は何も購入していないので、届くものはないはずなのですが、薄暗い明かりの下でなにやら黄色い箱の様です。
部屋の電気を付けて見ると、なんと「阪神タイガースグッズ」ではありませんか。

120509_4
これは地元の信用金庫で募集している「がんばれ阪神タイガース定期預金」の抽選にてプレゼントに当たったものでした。そういえば昨年暮れに当選したので、春頃に発送するとの連絡があったのをすっかり忘れていました。

早速あけてみると

120509_5
トラッキー人形をはじめ、タオルや応援用グッズなどいろいろ入っています。

120509_6
おそらく全て非売品だと思われるので、「猛虎ファン」だったらよだれが出るのではないでしょうか?

2012年5月 6日 (日)

飛びもの狙いで今日は「伊丹スカイパーク」へ

朝から少し天気が悪かったのですが、昼から持ち直してきたので、昨日の「岩国フレンドシップ2012」の疲れも抜けないまま、ANAの時刻表を確認し「伊丹スカイパーク」へ出かけてきました。
そう、狙いは昨年登場した新型機種「B787」です。787って聞くと91年ルマン優勝車のレナウン・マツダ787Bをすぐ思い出してしまいますが・・・(笑

12050601
羽田発の25便が伊丹14:05着予定ですが、10分以上遅れてやっと姿を見せました。近くにいたカメラ万も一斉にシャッターを切る音が聞こえてきます。
12050602
最近は新幹線出張が多いので、飛行場にはあんまり来ていないためB787を見るのは初めてで、以外と大きいのにびっくりしました。
12050603
到着した787は15:00に羽田行き30便となりますので、その間他の機種の離着陸を撮影したりしながら離陸時間を待ちます。その時におそらく「ひばり」だと思いますが、ちょうどこちらに向かってきたのでパチリ!

12050604
10分ほど遅れで到着したため、少し遅れていよいよ羽田に向けての離陸となりました。

12050605_3
さすがに昨日の戦闘機と違い、民間機はゆっくりしているため撮りやすいです。

飛びもの狙いで「岩国フレンドシップ2012」へ

世の中GW真っ盛りの5/5に飛びもの狙いで山口県の岩国へ。

今回の飛びものは、鳥ではなく戦闘機狙いで「岩国フレンドシップ2012」へ出かけてきました。航空ショーは昨年の各務原の岐阜基地航空ショーに続き2回目となります。前回はNEX5N+SEL55210(55-210mm F4.5-6.3)で臨んだのですが、今回はD7000+AF-S 70-200mm f/2.8G ED VR2にテレコン*1.7と*2.0で挑みます。

相当の混雑が予想されるために、楽していこうと思い旅行社のツアーに参加。夜の11時に出発して途中の宮島SAで時間調整して、SAをAM5:30に出発です。ところが今年は想像以上の大混雑とのことで、大竹インターをおりて少し走ったところで大渋滞。数百メートル走るのに3時間というとんでもない渋滞です。
なんやかんやで基地に入れたのがちょうどお昼。楽しみにしていたハリヤーなど戦闘機のショーは車窓となってしまい、写真は撮れず・・・weep

201201
どうにか昼からのF16ファルコンのショーは見ることが出来ました。しかし近くを飛ぶ時は腕のせいでなかなか良いシーンが撮れません。上は35mm換算600mmで撮ったものですが、かなり小さくかなりのトリミングをしています。この向きを大きく撮りたかったのですが・・・。

201202
あと後ろからのアフターバーナーを撮りたいのですが、これもはるか彼方のため大きくトリミング。

201203
上は大きく旋回するときです。肉眼では全く見えなかったのですが翼の上に白い雲が発生しているのが確認出来ます。
戦闘機には詳しくないため、写真を撮っている時点では機種は分からず、帰りに同じツアーの人に教えてもらいましたhappy01
ちなみにF16のショーを見られるのは岩国だけだそうです。

201204
ちょっと今回とは関係無い飛びものも・・・。トンビがいっぱい飛んでいましたが、カメラを向けると目があってしましました・・・(笑

201210
15時頃より本日のクライマックス「ブルーインパルス・ショー」が始まりました。昨年の各務原は曇り気味で、逆光となるために色の再現が良くなかったのですが、今回は順光で青空ですので、きれいに見えました。

201211
う~~ん。やはりブルーインパルスは青空が一番良くあいます。それにしてもこのダイヤモンド編隊飛行。いつ見てもすごい。

201212
素晴らしいショーにほれぼれしてしまいます。
201213
やはり、ブルーインパルスのショーは素晴らしかったです。
ショーも終わり、16時頃には基地を後にしますが、帰路はこれがまたまたの大渋滞。今までは来る時もそうでしたが、ここまで込んでいなかったそうです。
岩国を出て高速に乗るまで、なんと3時間以上。また帰りの山陽自動車道が途中・途中で大渋滞。日付が変わっても渋滞が解消されず、なんと家に着いたのは朝方の4時。
ツアーバスの運転手さんは2名でしたが、二人ともすっかり疲れてしまったとのことです。

今年の入場者数は28万人とのこと、それにしても今回はたいへん疲れました・・・。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »