2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

コウノトリ但馬空港フェスティバル

7/27~28に兵庫県北部にある豊岡市の“但馬空港”で「コウノトリ但馬空港フェスティバル」が開催されます。「チーム・ヨシ ムロヤ」のアクロバットショーなどが開催されますが、日曜日の28日は特別ゲストとして、航空自衛隊小松基地よりF15戦闘機がやってくるとのことですので、28日に出かけることとし27日はいつもの「伊丹空港スカイパーク」に出かけます。
しかし先日の「軍艦島」に行った日あたりから、空がモヤッとして視界が良くありませんので、写真写りがどうでしょうか?
まずは昼過ぎに“天草エアライン”の「イルカ号」が到着します。低速シャッターで流し撮りに挑戦です。やはり色合いが悪いので修正しています。

2013072701
いろいろと離着陸の写真を撮りながら“JAL”の「ハピネスエクスプレス(1号機)」を待ちます。ただでさえ色合いが薄いデザインなので、本日の空模様では全くもって絵になりません・・・。さらに手前の木が邪魔だよ~~ん。ここの公園は『飛行機の離着陸を目の前で見学』で売っている公園ですが、以外とこのように撮影には木が邪魔するんです。

2013072702
その後「B787」などを撮影しますが、ほとんどダメ・・・。明日は視界が良くなりますように・・・!

28日は「コウノトリ但馬空港フェスティバル」へハンドルを斬ります。ある程度の渋滞は予想して早めに出たのですが、想像以上の混雑です。3km手前で会場は“満車”とガードマンがアナウンスしています。そして車は全く動かなくなりました。
F15飛行まで時間が無いので、会場をすんなりとあきらめて近くのスーパーの駐車場に入ったところで大きな爆音。F15の飛行時間は15分ぐらいですが、こちらに飛んできたのは2回ほどでかなり遠くです。
今日も昨日と同じようにモヤっとしていて視界が良くありませんので、証拠写真しか撮れませんでした。

2013072802
アクロバット飛行はここからは見えませんので、すんなりとあきらめて引き上げることにします。その前に遠くを飛んでいたシラサギをパチリ。

2013072803
豊岡市と言うとコウノトリで有名なところですが、これがコウノトリだったらと想いながらもう一枚パチリ。疲れた一日でした。

2013072804

2013年7月26日 (金)

夏休みは、ちょこっと九州へ・・・

ちょっと早めの夏休みにを取得し、嫁さんの友人から嫁さん宛に「遊びにおいで」との誘いに誘われて、私は運転手で九州へ出かけてきました。一泊の予定でしたが、せっかくなので行き当たりばったりで数カ所遊んでくることにします。
最初は熊本の「通潤橋」へ行くことにします。石橋の真ん中より水が落ちるので有名ですが、調べるといつでも放水が見られるものではなく、ましてや7月は放水は行わないとのことですが、いつか放水を見ることを夢見て下見に向かいます。放水の写真はリンク先でどうぞ!
着いてみると意外と大きな石橋にびっくりです。下の写真で橋の上に人が写っているので、その大きさが分かると思います。

13072201_19
結構な高さもありますが、上の方に上がってみると車一台通れるほどの幅があります。また水が流れるための水路はなく、橋の中を水が通っているようです。

13072202_2
その後、友人宅にお世話になった次の日は「そうめん流し」に行きたいとの嫁さんの提案で、ネットでどこに行くか探索します。お昼までに時間があるので鹿児島の「曽木の滝」に寄ります。ちょっとミニチュア写真風に現像してみました。

13072301
曽木の滝で時間をつぶし、湧水町の「竹中池そうめん流し」にハンドルをきります。到着してみると大きな池の
ほとりにたっています。池の水は湧き水だそうで、びっくりするほど澄み切った水で、この水を見るだけで、早くそうめんを食べたい気分にそそられます。

13072302

「そうめんセット」とおにぎりを頼みます。内容は“ソーメン・マス塩焼き・鯉あらい・鯉こく”が付きます。水も冷たくてとっても美味しかったです。

13072303
食事が終わったら南の方へ、教えてもらった郷土菓子「加治木まんじゅう」を買いに姶良市加治木町まで走ります。数軒あるようですが、一番美味しいと評判の「新道屋」へ行きます。

13072304
一個たしか80円だったと思いますが、白い皮の中にあんこの入った饅頭で、あっつあっつでとても美味しかったです。

13072305
せっかく鹿児島まで来ましたので、鹿児島名物のかき氷「白熊」を頂くことにします。「白熊」と言えば鹿児島市の天文館にある店が有名のようですが、そこまで足を延ばす時間がないので適当な店に入ります。

13072306
練乳たっぷりで、頭が痛くなるのを必死にガマンしながら大変美味しく頂きました。一日中食べてばっかりですが、またまたお友達の家に向かいます。ここで昨日につづき焼酎大変美味しく頂きました。
お友達の家をゆっくりと出発して、3泊目は雲仙に向かいます。熊本港よりフェリーにて島原半島へ渡り、ホテルに向かいます。
ホテルに到着後、すぐ近くにある「雲仙地獄」に行きます。「30分ぐらいで散策できます」とホテルの人に教えてもらったのですが、最近鳥の鳴き声がするとすぐにそちらに向いてしまい、結局1時間以上滞在していました。

13072307
明日は長崎市内でちょっと時間を過ごし、昼にチャンポンを食べてから引き上げる予定でしたが、ホテルにあった一枚のパンフレット「軍艦島へ行こう」を見て急きょ予定変更です。
朝方船に乗り遅れないように、ひたすら車を長崎港に向けて走らせます。
40~50名ほどの小さな船ですが、十数名でいざ軍艦島に向けて出港しますが、波が結構大きくて気になります。乗務員曰く「本日はうねりが大きいので上陸できない可能性があります」とのこと・・・。今年は何か行おうとすると天気が悪さすることが多すぎます。
船内よりガラス越しに撮影しましたので、ちょっと白っぽく写っていますが、ドッグの中にイージス艦が停泊していました。ネットで調べると“176”ですので「ちょうかい」でしょうか? 
SPY1レーダーや砲塔部分にブルーシートがかぶせてありますので、ドック入りのようです。「CIWS」がかっこいいですね。

13072401

外洋に出ると波は幾分小さくなってきたようですが、やはりうねりが大きくなってきました。そのまま走り続けるといよいよ「軍艦島」が見えてきました。

13072402
想像より意外と小さな島です。この島には4隻が運行しているそうで私たちの乗っている船は11時25分に上陸が許可されているそうで、その時間に船を着けられなければ、上陸は無理だそうです。
時間まで島の反対側へと向かいます。

13072403
解説は当時の島民であり「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長さんが案内して下さいます。この方向からは当時は見るが出来ない風景だったそうです。

13072404
そろそろ上陸時間が近づいてきましたので、桟橋へ向かいます。幾分うねりも小さくなってきたような気がします。「船を付けられますように・・・」と心の中で祈ります。
風向きが変わったそうで、うねりが残りますがどうにか船を付けられましたので、上陸を開始しますが船が上下に大きく揺れるため、乗務員さんも必死です。

13072405
上陸が完了したら、桟橋からトンネルをくぐって見学広場へ向かいます。手すりが写っていますが、この手すりも中にある見学ルートにある手すりも、台風が近づくたびに流されてしまうそうです。

13072406
まずは第一見学広場で、理事長さんが昔の写真等を見せながらいろいろと説明してくれます。昔の島民と言うこともあり、話の内容に説得力がありついつい話に引き込まれてしまいます。
「台風が近づくたびに破壊が進み、今皆さんが見ているこの景色も、数年後には違う景色になっているかもしれません・・・」とのことです。
下の写真は第二見学広場で目の前に赤いレンガの壁がありますが、そこには落書きがいっぱいあるそうです。その内容は○○大学・△△大学、ひどいのは●●大学遺跡研究会なんてひどいのもあるそうです。
最近の学生は何を考えているのでしょう。

13072407
岩肌が元々の島の端だそうで、埋め立て埋め立てで元々の島の3倍ほどの面積になっているそうです。奥に見える建物の屋根が波打っていますが、台風などの影響だそうでそのうちにつぶれるでしょうとのことです。

13072408
下の写真で見える階段が炭鉱への出入り口で、今から中へ入り危険と向かいあう人・仕事を終えてホッとする人がすれ違う場所だそうです。階段の下には、出てきた人のためのお風呂があったそうです。

13072409
山の上に灯台がありますが、住民がいなくなってから建てられたそうです。なぜなら当時は島自体が電灯で明るく、灯台は要らなかったそうです。

13072410
第3見学場へ向かいますが、目の前にある3階建ての建物がありますが、台風の時は波が建物を超えるそうです。ここ数年は直撃は無いが、直撃されたらおそらくつぶれるだろうとのことです。

13072411
第3見学場より住居の方を見ます。
理事長さんらが数年前に昔の島民らと船をチャーターして島に上陸し、元住んでいた部屋に戻ると当時のものがそのまま残っていたそうです。中には流し台の中にお箸とか茶碗がそのままの家とかがあり、いかに島を離れるのに時間が無かったかを伝えているそうです。
見せて頂いた写真の中に「これを見た人は、少しで良いですから金魚と小鳥にエサを与えて下さい。」と壁に書かれていたそうですが、結局誰もそのメッセージを見ることなく、エサを与えられることもなく人がいなくなったのです。と言われた時に涙ぐむ人もいました。
時間にして40分ほど滞在して、帰航するために桟橋へ向かいます。下の写真は昔の積み込みようの桟橋の後で、ここにクレーンがあった様です。

13072413
なんか考えさせられる上陸でしたが、「軍艦島」いや正式名称「端島(はしま)」を後にします。
13072414

2013年7月15日 (月)

キベリハムシ

昨日(7/15)は、神戸市森林植物園で日本野鳥の会の探鳥会に参加しました。その時、最初に教えてもらったのが野鳥ではなく「キベリハムシ」と言う、なんかひじょうに珍しい虫らしいです。

0714001
聞くところによると、「ビナンカズラ」という植物にしかいなくて、そして兵庫県にしか生息しないそうです。

2013年7月 9日 (火)

暑い中、東へ西へ・・・

この間の土日、まだ近畿は梅雨明けは発表されていませんでしたが、めちゃくちゃ暑かったですね。その中カメラをかついで西へ東へと言っても遠くではないのですが、近くをうろうろしていました。
土曜日は用事があり京都行ったついでに、いつものように府立植物園へ「カワセミ」狙いで出かけます。
しかし現れる気配がなく、常連さんらしき人曰く「カワセミも世代交代したようで、今年はさっぱりダメ」とのことで、カワセミをあきらめて林の中をさみしげに歩きます。
その中で久しぶりに「コゲラ」にご対面。しかし対面出来たのは数秒間だけで、どうにかシャッターを押すことが出来ました。

2013070601
日曜日は午前中にJALの「ハピネス★エクスプレス(2号機)」が伊丹空港に来るとのことで、伊丹スカイパークへ出発。到着してすぐに「B787」の離陸を撮影し、その後「ハピネス号」を待ちます。その時に花の周りを飛んでいたチョウチョをパチリ。名前は何というのか分かりませんが、下の写真は等倍切り出しです。ちなみにカメラはD7100に80-400ズームです。(調べて見ると、おそらく「ツマグロヒョウモン」の♂では・・・???)

2013070701

午後からは、六甲山にある神戸市立森林公園にあじさい見学に出かけます。ちょうどあじさいの見頃ではありましたが、先週出かけた舞鶴の方がスケールも大きく良かったです。
散策コースを歩いていると、これも名前が分かりませんがきれいなチョウチョがいたのでパチリ。(「オオムラサキ」だそうです。さらに調べると日本の国蝶だそうで・・・、知らぬとはいえ恥ずかし~~~い^^;)

2013070702_8
下の写真は上の写真と同じものではありませんが、上と同じタイミングで撮影したものの等倍切り出しです。シャッター速度が1/20秒と遅かったため被写体ブレをおこしてしまいました。

2013070703_9
違う角度から撮影したものを、同じように等倍切り出しです。RAWでも保存していますが、掲載しているのは全てJPEG切り出しのままで、シャープネスなどの加工はしていません。

2013070704
目の前で砂遊びをしていたヒバリをパチリ。(野鳥の会の方に聞いたら、「ホオジロの幼鳥ではないか?」とのこと)

2013070705

2013年7月 4日 (木)

航空ショー・・・???

今日は空港の近くでお仕事です。開始も10時からですので、伊丹空港の展望デッキで時間調整を行います。
本当なら一眼+望遠レンズを持ち込みたいところですが、仕事がありますのでソニーのコンデジ「RX-100」にしておきます。テレ端が35mm換算120mmほどで、全くもって長さが足りないのですが、これしか持っていないので仕方ありません。
展望デッキに上がってみるとちょうどB787が離陸しようとしています。今日の機体は2機しか存在しない初期カラーの機体で、久しぶりのご対面です。それも機体番号が「JA801A」ですので、B787の1号機です。

0704001
0704002
B787が去った後は、目の前にいる「ピース★ジェット」のB777-381のJA754Aの離陸を待ちますが、どうにか踏ん張っていた空模様が怪しくなってきて、ついに雨が降り出してきました。こいつの写真だけでもと思い、雨の中スポットを離れるところだけ撮影することにします。

0704003
離陸写真はあきらめて仕事に行こうと思って引き上げようとしていた時に、空美ちゃんじゃなく空夫ちゃん(とは言わないか・・・笑)が近寄って来て、「もう少しするとモヒカンが来るよ・・・」と教えてくれました。そうとなったらもう少し時間があるので雨宿りしながら待ちますが、雨はだんだんとひどくなってきます。
「モヒカンジェット」B767-300(JA602A)は、予定より少し遅れて到着しました。このデザインの飛行機は仕事に就いた頃、トライスターやジャンボでよくお世話になりました。

0704004
雨の中、どうにかカメラに収めて仕事先に向かいます。
仕事中にJALのホームページを確認すると、今日の夕方には「JALハピネスエクスプレス2号機」が来るようですので、時間があえば帰りにもう一回立ち寄ってみることにします。

0704005
夕方早めに仕事が終わったので再度伊丹空港の展望デッキに寄ります。「JALハピネスエクスプレス」B777-200は予定より10分ほど送れて到着しました。
カメラがコンデジしか持ってこれず残念でしたが、今日は朝から4種類の特別塗装機にあえてハッピー気分でした。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »