2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 昨日のうっぷんばらしに、今日は山へ | トップページ | 連休も終わっちゃいました »

2014年4月30日 (水)

ニコ・タム 便利ズーム選ぶなら「どっち どっち」

Nikonのミドルクラス一眼レフカメラ「D600」は、ローパスのゴミ問題で初期対応が悪かったためか、通常ローパス清掃は保証期間が過ぎたら有料となるところですが、「D600」に限っては無料で行ってもらえ、希望すればシャッターユニット交換も無料対応です。さらにそれでも汚れが出る場合、内容によっては同機種もしくは代替え品に無償交換となっています。
この対応が発表されたと同時に、中古で格安の「D600」が売れまくったと言った話も聞きます。そりゃ安くで中古を仕入れ、新品の「D610」が手に入ればかなり徳となりますが、そう簡単に交換とはいかないと思います・・・。
さて私の「D600」ですが、たしかにローパスのゴミ現象は出るのですがそんなにひどい状態でもなく、この問題もありローパス清掃の講習も受けてきました。
この間、再度状況を確認するため思いっきり絞り込んで青空を撮って見ると、そこそこゴミが付いています。自分で清掃しても良いのですが、1~2回の清掃できれいに取れるわけではなく、けっこう面倒くさいので清掃をお願いするためニコンのSCに持っていきました。
すると「日数を頂ければ、無償でシャッターユニットの交換を行いますが、いかがされますか?」とのことで、GW前半は使用できませんが、せっかくですので「お願いします」と預けてきました。
そして今日引き取りに行き、その足でヨドバシへ向かいます。そして一週間ほど前に発売された2種類のレンズを試してきました。
それはニコンの「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」とタムロンの「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」です。ワイド端がニコンは18mm(35mm換算27mm)スタートでタムロンは16mm(同24mm)スタートでテレ端は双方とも300mm(同450mm)と同じです。F値はテレ端は双方ともF6.3で、ちょっと暗めですが最近のニコン機はセンサーがF8対応しているので、問題無いのでしょう。
まずはワイド端での比較です。下はニコン製「18-300mm」のワイド端18mmで絞りf8でS速度1/60にて撮影しています。もちろんD600ですのでDXモードにて撮影です。掲載写真はJPEG取り出しのまま縮小のみで、ノン加工でEXIFも削除していません。

18mm

次にタムロンの「16-300mm」のワイド端16mmで、同じように絞りf8でS速度1/60にて撮影しています。

16mm

比較すると、2mm(35mm換算3mm)の差はやはり大きいですね。また出てくる色合いも異なりますね。ニコンの方が深みがあるような気がします。タムロンは絵は明るいですが、なんかのっぺらぼうの様な感じがしますがいかがなものでしょう。
次に300mmのテレ端での撮影です。上の写真で真ん中ほどの保護フィルムのぶら下がっている奥に見えるオレンジ色に光っているところを狙います。まずはニコン製より。

300mm

次にタムロン製です。上と同じように絞りはF8で1/80にて撮影しています。なお感度は全てISO800です。

300mm_2

じっくりと腰を据えてシャッターを切っていませんので、手振れ補正の良いテストにもなっています。双方とも手振れ補正は良く効いているようです。
出てくる絵はやはりニコンの方が深みがあるように思われます。ボケの感じは双方とも同じような感じですね。
操作はWEBでも言われているように、タムロンが少しズームリングが重たいような感じがしますが、あくまでも双方並べての話です。
いざ購入となると純正の安心感を取るか、ワイドで安いタムロンを選ぶか「どっち どっち」です。このような便利ズームもお散歩レンズトして良さそうです。

« 昨日のうっぷんばらしに、今日は山へ | トップページ | 連休も終わっちゃいました »

Nikon D7100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日のうっぷんばらしに、今日は山へ | トップページ | 連休も終わっちゃいました »