2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« やっと会えた今季初の「ルリビタキ」 | トップページ | 寒い中で顔を見せてくれたのは「ルリビタキ」 »

2016年12月 4日 (日)

昆陽池の「オオタカ」は元気いっぱい!

午後より降水確率80パーセントの予報。となると午前中だけの勝負と近場の昆陽池に「オオタカ」狙いで出かけます。
前期にCMさんを魅了させてくれた「オオタカ幼鳥」の通称「ボロボロちゃん」が、今期は少し大人になって帰ってきてくれているそうです。そして今までの個体の狩りの相手は「カラス」が圧倒的に多くて、ときどき「コサギ」のパターンですが、「ボロボロちゃん」はナリフリ構わず「ダイサギ」・「オオバン」そしてなんと「鵜」まで食しているそうです。
久しぶりの昆陽池ですが何かありそうで期待大で機材をセットします。そしてセット中に飛び出しました。
何回か単独で飛び島の中に留まっています。そして一瞬地表に向かい飛び出し何か変な動作をしましたが、ファインダー越しには何があったかは分かりませんでした。

1612042239

帰ってから画像をPCで確認すると、なんと「鵜」を狙って飛び出したようです。しかし「鵜」は逃げるとすぐに水に潜ったようです。
上は「鵜」はすでに逃げ出して「オオタカ」は「鵜」に向かって飛び降りたところより飛び出したところです。
そして「鵜」のもぐりこんだところを上空より偵察しています。

1612042250

そして諦めて反対方向へと飛びました。

1612042255

それから約10分後、またもや「ボロボロちゃん」が勢いよく飛び出し何かに狙いをつけているようです。ファインダー越しでは今回も何があったか確認できず、「アオサギ」にいるところへ一目散に向かっていきましたので「アオサギ」でも狙っていたのかとCMさんと話していたのですが、これも画像を確認すると「鵜」を狙っていたようです。
下の写真では「サギ」を狙っているかのように向かっています。「サギ」の慌てようも半端ではなかったです。

1612042301

「オオタカ」は「シラサギ」の後ろに隠れていますが、左側に慌てて水中へ逃げ込んだ「鵜」がいます。

1612042302

1612042305

そして潜り込んだところを上から見ています。

1612042315

1612042319

やはり潜られたらどうしようもなく諦めて離れます。

1612042324

カラスよりも「鵜」の方がおいしかったのか、今日は2回も続けて「鵜」に向かっていきました。
今日は昼から雨予報のため、お昼も持ってきていないので天気も怪しくなってきたのでちょうどお昼で引き上げました。



本日の機材:
 ・Nikon D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

« やっと会えた今季初の「ルリビタキ」 | トップページ | 寒い中で顔を見せてくれたのは「ルリビタキ」 »

Nikon D5」カテゴリの記事

オオタカ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

いよいよ昆陽池でオオタカが出没して狩りをするシーンが多くなったようですね。
サギの慌て具合が良く写っていますよ~(^◇^)

午前中は森林公園に行ってたんですよ。
ルリビタキの若を写せましたがアオゲラはカメラを向ける間もなく飛び去られ、ベニマシコは鳴き声はすれども姿がなかなか見えず写せなかったです。

今期もオオタカ出現で昆陽池が面白くなってきました。
ポイントがもう少し近ければ良いのですが、近場でのチャンスに巡り合いたいですね。

撮りに行きたいけどズーム400mmしかないので諦めてますわ
ゴーヨンどこかに無傷で落ちてないかなぁ・・・ポワワン

トリトルノスキーさん、こんばんは!
確かに遠いですので島の西側(北海道)なら、まだ行けるでしょうが中ほどの本州は厳しいでしょうね。
しかし撮ることは出来なくても、運が良ければ狩のシーンを直接見ることが出来ますので是非とも来てください。
バイク停めて数歩歩くだけですので・・・。

先日は今シーズン初めてお会いできて懐かしかったです(笑)
ボロボロちゃんの記事、とても楽しく拝見しました\(^o^)/
謎の行動の解析、一部始終が撮影されていて、さすがです!
また昆陽池でお会いしましょう☆

yukiさん、先日はいろいろと情報ありがとうございました。
近くなのになぜか今季初めての昆陽池でしたが、短い時間に楽しませていただきました。
これからもちょくちょく寄らさせていただきますので、その時はよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと会えた今季初の「ルリビタキ」 | トップページ | 寒い中で顔を見せてくれたのは「ルリビタキ」 »