2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

SONY NEX-5N

2013年11月16日 (土)

大都会東京

先週末、ひさびさの東京でした。食事前にちょっと時間を取り、東京駅の写真撮りに出かけました。どこが撮影ポイントなのかを慌てて調べ、千代田線の「二重橋前」で降りて丸ビルの5Fのテラスに行きましたが、なぜかしまっています。隣の新丸ビルの7Fのテラスも何かいやな予感がしながらも、せっかくですから行ってみると予感通りしまっていました。何かあったのでしょうか、それとも今は夜はしまっているのでしょうか?
WEB上では20時まで書いてあったので、慌てていったのですが残念です。仕方ないので、駅に向かいながら数枚撮影して食事に向かいました。

131113
そういえば、東京タワーのライトアップも展望台の下が一部消えていたような気がします。
本当は一眼を持ってきたかったのですが、手荷物が多かったのでRX100にしようと思ったのですが、それでもがんばってNEX5Nを持ってきたのに残念です。

2013年10月 5日 (土)

ひさびさのブルーインパルス「小松基地航空祭2013」

本日、石川県の小松基地の航空ショー見学に行ってきました。5月以来のブルーインパルス見学ですが、天気だけが心配です。5月の美保基地では雨が降っていて、ほとんど飛んだだけになってしまい、物足りなかったので今回は期待していたのですが、数日前の天気予報では「降水確率50%」。今年は岩国は中止になるし、つくづくブルーに縁が無いようですが、どうにか「降水確率30%」となり雨だけは逃れられました。
着いたのは昼前で、すでに午前中の編成飛行は終わっていますので、残りはブルーだけです。
ブルーが始まるまで、地上展示を見て回ります。カメラはD7100に80-400mmズームとブルーの「キューピット」と「スタークロス」撮影用にNEX-5Nに標準ズームの持ち込みです。NEXの代わりにD600を持ち込む予定でしたが、雨が降ったら取り回しが大変になりそうなので、小型にしました。

2013100501

2013100502

2013100503
いよいよブルーの時間が近づいてきますが小松基地は初めてなので、どこで見学すれば良いのかよく分かりません。メイン会場は足の踏み場も無いほど混雑してきましたので、違う場所より見学することにしましたが、これが大失敗で建物が多々じゃまをし、アナウンスも聞き取れず次に何をするかも分からずひさびさのショーが台無しでした。

2013100511
2013100512

2013100513

2013100514
一通りのアクロバットは展開されましたが、写真のように天気が悪く全く絵になりません。やっぱりブルーには青空が似合います。次回は再来週の浜松を予定していますので、青空をぜひとも神様お願いします。

2012年5月19日 (土)

少し足を伸ばして「日本一危ない国宝鑑賞」へ

今日は抜群のドライブ日和と言うことで、少し足を伸ばして鳥取県の「三徳山三佛寺(みとくさんさんぶつじ)」に向かいます。片道約200kmのドライブです。
「三徳山」と言えば「投入堂」が有名で、下の道路から見ることも出来ますが、近くで拝観するためには険しい山を登ることとなります。キャッチフレーズの「日本一危ない国宝鑑賞」と言うことで志納金(入山料)計600円を払って出発です。
入山のためにはいろいろと制限があります。まず一人での入山は認められませんし、サンダルやスパイクなど履き物によってはわらじを購入して履き替えます。今日もわらじ履きの人が大勢いらっしゃいました。私らはトレッキングシューズを準備してきました。
ちなみに今日は軽い「NEX-5N」を首から提げて行きます。「D7000」はリュックの中です。

12051901赤い山門をくぐるとすぐ「宿入橋」を渡り、いよいよ入山開始です。これから先はハイキングコースではなく、修行の場だそうで険しい道が待っているそうです。
12051902入山して5分もしないうちに「カズラ坂」です。巨大な倒木の右側にある木の根っこの部分を上っていきます。

12051903上記のようにひじょうに険しい角度の道なき道を這いつくばりながら登ります。

12051904険しい岩場をさらに登っていきます。上に見える建造物は「文殊堂」です。ここまで入山して約30分です。

12051905息を切らしながら登っていくと、難関の一つである「文殊堂」横の「くさり坂」が現れます。「どう見ても坂じゃねぇ~だろう・・・!」

12051906「文殊堂」で一休みします。ここは横を一回りできますが、手すりもないのでかなり怖いです。しかし風は心地よく景色は絶景です。

12051907途中の「鐘楼堂」で鐘をつき、安全を祈願します。しかし、この鐘、どのようにして運んだのだろう???

12051908「馬の背」まで来ました。もうひとがんばりです。ここから先は道は狭いですが、平坦となり楽です。登り始めてここまで約50分ほどかかっています。

12051909「馬の背」・「牛の背」と通る過ぎると、「観音堂」が見えてきます。岩ノ下に建造されていて、この裏の方を通ります。

12051910「観音堂」を過ぎると、ついに「投入堂」が見えてきました。来た甲斐があったというものです。入山してちょうど1時間かかっています。上の写真だけD7000で撮ったものをUPしています。

12051911これ以上は近づくことは出来ません。しかしどのようにして作ったのでしょう。どうやって登るのでしょう。

12051912NEX-5Nのパノラマ機能を使って撮影してみます。ちょっと水平がゆがんでしまいました。
登り疲れて、露出とか考える余裕がありませんでした・・・(涙)

きつかったですが、良い修行でした。

2011年12月11日 (日)

神戸ルミナリエから皆既月食と、今夜は忙しい・・・!  

今日は夕方より神戸にルミナリエを見学に行きました。ルミナリエの見学は阪神大震災の歳より数年間は毎年見に行っていたのですが、今回は2002年以来の9年ぶりとなります。
9年前の感覚で出かけていったら、そのすごい人出で車を止めるのに苦労します。
昔は元町の南からすぐに会場に行けたのですが、今回はトーアロード辺りより西元町にかけて列が出来ています。その中に並び、人混みの中をひたすら歩き、1時間ほどでやっと見ることが出来ました。

2011121001_2
最初の年は双方向通行だったのですが、あまりの人出に2年目より西側の元町方面から三宮方面への一方通行となりました。

2011121002
ご覧のように、ともかく人人人ですが、昔と比べて短いような気がします。来年も開催出来るようにと途中で募金をしておきました。

2011121003_2
旧居留地内の仲町通を抜けて、東遊園地の光の壁に来ます。

2011121004
紅葉と重なってなかなかきれいでした。

ルミナリエの見学が終わると、急いで帰って今度はベランダより天文ショーの見学です。そう、今日は皆既月食の日です。撮影はNEX-5Nにソニーαレンズ SAL75300(75-300mm F4.5-5.6 )をマウントアダプター(LA-EA2)経由で使用します。

2011121005
上は10時頃で少しずつかけ始めてきています。21:59 F5.6 1/320 -2.7EV ISO400 上記レンズ300mm(35mm換算では小さすぎるので、デジタルズーム併用(900mm相当)したものを掲載しています。

2011121006_2
10:22 F5.6 1/125 -2.7EV ISO400 デジタルズーム924mm相当にて撮影

20111210061
10:22 F5.6 1/1 -1.3EV ISO400 デジタルズーム825mm相当にて撮影

2011121007_2
11時半過ぎに皆既状態となり、赤い月が現れます。肉眼では確認出来なかったのですが、写真で見ると星がいっぱい見えています。 11:36 F5.6 1/2S 0EV ISO6400 デジタルズーム882mm相当にて撮影

天体ショーをたっぷりと楽しませていただきました。しかしデジタルズーム使用ではなく、もうちょっと望遠がほしくなってきます。

2011年11月27日 (日)

航空自衛隊 岐阜基地航空祭 「ブルーインパルスショー」

本日待望の「ブルーインパルス」のショーに航空自衛隊 岐阜基地に出かけてきました。天気は良かったのですが、雲が多くて青空晴天とはいかず、さらに南向きに見学するため写真を撮るにはほとんどが逆光となり、私の腕ではなかなか思ったようには撮れなく、また最大210mm(35mm換算で315mm)のズームの限界を感じましたが、すばらしいショーでした。

下の2枚は展示飛行での「F15」、やはり2枚の垂直尾翼はかっこいいですね。

2011112701 2011112702

2011112704

2011112705 2011112707

2011112708_2

2011112709_3 2011112710

2011112711

2011112716

その他のカテゴリー

DCアンプ・オーディオ | DSC-RX100 | Nikon D4s | Nikon D5 | Nikon D500 | Nikon D600 | Nikon D7000 | Nikon D7100 | Nikon D810 | Nikon D850 | SONY NEX-5N | うぐいす | その他 | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アトリ | アマサギ | アリスイ | イカル | イソヒヨドリ | イワツバメ | ウソ | エゾビタキ | エナガ | オオアカハラ | オオジュリン | オオタカ | オオマシコ | オオヨシキリ | オオルリ | オシドリ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラムクドリ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | ガーデニング | キクイタダキ | キジ | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | ギンムクドリ | クイナ | クロジ | クロツグミ | クロハラアジサシ | ケリ | コアジサシ | コガラ | コクガン | コゲラ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コノハズク | コブハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コルリ | ゴジュウガラ | ササゴイ | サバクヒタキ | サメビタキ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シメ | シラサギ | シロハラ | ジョウビタキ | セイタカシギ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | タカサゴクロサギ | タヒバリ | タンチョウヅル | チフチャフ | チョウゲンボウ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツリスガラ | デジタルカメラ | トラツグミ | ニシオジロビタキ | ノゴマ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイキング | ハイタカ | ハクセキレイ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハヤブサ | ヒガラ | ヒクイナ | ヒバリ | ヒヨドリ | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ブルーインパルス | ベニヒワ | ベニマシコ | ホオアカ | ホオジロ | ホトトギス | マガン | マナヅル | マヒワ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミヤマホオジロ | ムギマキ | メジロ | メゾソムシクイ | モズ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマセミ | ユキホオジロ | ルリビタキ | 一眼レフカメラ | 戦闘機 | 旅行 | 昆虫 | 航空ショー | 花火 | 蝶々 | 野鳥 | 飛行機